プーシキン美術館所蔵浮世絵コレクション(18-19世紀)

カタログ

ジャンル

絵師

索引

プロジェクト
について

クリックすると拡大

他の作品 菊川英山全表示 ⇓

小松亭原見・周り灯篭に
花見
雨のとき二人の美人
養
扇屋・花扇
御影堂
布漂白
子犬と美人
成年式の初唄
風流狐拳.
嵐山の花見
松葉屋内代々山と禿
沢村源助の絵を見る。豊国の版画
風流やつしみくるま引
灯篭を持つ美人・十一段
おちよとはんべい.
傘を持つ娘.
文屋 康秀
火をつける
芸者.
鮑狩り
龍柄着物の花魁
武蔵 調布 之 玉川.見立絵
ランタンを持つ茶室女

菊川英山 (きくがわえいざん)

1787 - 1867

極月
当世美人十二ヶ月の内

中期(1765-1804年). 1810–1820年代

Серия «当世美人十二月の内»

技法:

和紙; 錦絵.

判型:

大判

寸法:

347 x 228 mm

落款印章:

英山筆

制作地:

江戸(東京)

版元:

鶴屋金助

来歴:

ルミャンツェフ美術館所蔵, 1924年からプーシキン美術館に

所蔵番号:

А-833